3ヶ月後のサービスシューズ


こんにちは。

本日もご覧いただきありがとうございます。



”RIPKEN8 2632”


昨年末からBUHIが、ガッシガシとめちゃヘビーに履いていますので、どんな感じになってきたかをお伝えしてみようと思いますー。



全く履いてない状態はこんなんですー。↑↑


今回アッパーに使用した”ゴートスキン”が、めちゃくちゃタフ!で、傷や摩擦に強いんですー。とは、前にもお伝えしていたと思うのですが、(前の記事)

強いってことは、イコール=”硬め” なんですよねー。


当たり前のことなんですけど、柔らかい質感やとやっぱり擦れとか傷はつきやすくなります。クードゥーレザーとかめっちゃしなやかで柔らかいんで、ちょっと自転車とかでガッてやったら傷がいきます。(でもブラッシングすればある程度キレイになります!)


ほんで、最初ちょっと靴擦れとかもしちゃったんですけど(これは個人差あります。)そこからグーーーんと馴染んで履き心地UP!

これが、レザーソールの醍醐味ですねー。

第一関門突破って感じやと思います。


んで、こんな感じです。↓↓



作業中もガシガシ履いて、粉塵とかなんやかんやで汚れまくっています。

基本ブラッシングのみ!、まぁピッカピカではないですけど、ブヒ的には許容範囲。キレイな方です。


靴屋やのにアレなんですけど、めっちゃマメに磨いたりとかしないです。。。


ちなみに!お手入れの肝は”ブラッシング!”です。

ブラッシングすることによって、革本来の油分が出てくるのと、ブラシについている油分が

、シャカシャカしているうちに靴に入り込むので、普段はとりあえずブラッシングしとけばいいんです。

あとブラッシングは力の入れすぎ注意です。優しくシャカシャカしてあげてください。


もちろん乾燥も良くないんですけども、パッと見て、”やや乾燥しているな”と思ったら、やっとこさクリームを入れます。ほぼ毎日履いて(ちょっと履きすぎ;)1ヶ月に一回くらいです。クリームでお手入れするのは。そんな感じです。


ちょっと脱線してしまいましたが…

とにかくブヒシューズ は『ガシガシ履く靴!』を、目指して作っておりますー。



で、いい感じに履きジワもついてきて、見るからに馴染んでおりますー。




んで、私もちょこちょこ履き始めましたー。

なんかいつまでも寒いんでちょっと暖かい日を選んで履いてます。笑


まだ、5回くらい…。

なんですが、雨の後に履いて歩いてたら、思っきり!水たまりにダイブしました;

バッシャー!と、入っちゃったんですけど、靴下も濡れずにシミにもならずに、なんか全然大丈夫でした。


タフ!!


レザーソールもいい感じに繊維がほぐれてくれました。笑


ちなみに、私、レザーソールの靴って初なんですけど。かかとがゴムなんで全然平気でしたー。イオンとかで滑って転んだら正直にお知らせしますねー!


私のブラウンももっと育ってきたらまた写真撮っときますー。



そんなこんなで、

ブヒのサービスシューズ"RIPKEN8 2632"

観ていただけると嬉しいですー。



WEB STORE



本日もご覧頂きありがとうございました!!



シューレースの切り売りはこちら→WEB STORE

BUHI Repair & Custom shoes >>>ご購入はこちら

〒700-0026 岡山市北区奉還町二丁目11−10ファミール湯川1階

TEL /FAX: 086-289-6735 E-mail : buhi_shoes@yahoo.co.jp

CUSTOM SHOES PLANNING BUHI


ミリタリーやビンテージの雰囲気を取り入れたハンドソーンウェルトによるオリジナルシューズ、

ノルベジェーゼ製法でのカスタムシューズなどを製作、加工、販売しています。

〒700−0026

岡山市北区奉還町2丁目11−10ファミール湯川1F   

TEL/086−289−6735   

buhi_shoes@yahoo.co.jp 

 

OPEN AM11:00   CLOSED PM19:00

HOLIDAY : ​TUESDAY

※当店に駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Pinterest - White Circle

© http://buhi-shoes.com/ 2016 All Rights Reserved.