ブーツにつけるやつできました




"ブーツにつけるやつ" !!


巷ではファイヤーマンブーツって言うんですかね?

でもどっちかってゆーと「ファイヤーマンブーツにするやつ」やと思うんですけど、どうなんやろ。


ブーツの紐やるんめんどくさいわーって感じの人にはもってこいやと思うんですが、いやそれよりかは、「コレつけたらかっこいいやん!」の方を大事にしたいなぁーと思っています。

楽になったからって、かっこよくなくなる、オシャレじゃ無くなるってのもなんかなぁーと思うんで、まぁ『ラク&クール』な感じでイイトコどりできたらめちゃくちゃラッキーとちゃうかなぁーと思います。


そんなこと言いながらも、自分はめちゃくちゃめんどくさがり!なんで、このブーツにつけるやつをブーツに付けるんが結構めんどくさくって、ここ数日ブツブツブツブツ言いながらこのブーツに付けるやつの写真を撮ったりなんやかんやしてました。


でもまぁ、付けてみたら『かっこいいやん!』ってなったんで、もうめんどくさいのも吹っ飛びましたね。めでたしめでたしです。


ブーツに付けるやつブーツにつけたいねん!って方は、めんどくさいけど頑張って、なんならビールとかでも呑みながらのんびり楽しくやって頂ければ良いなと思います。





ゴートスキンのブーツに付けるやつ! (こちら


傷や摩擦に強いゴートスキンで作りましたー。使いやすい黒!!


わたしのだいぶんくたびれているドクターマーチンにつけてみました。良いです!!


この通し方やとそんなにサイズ感は変わりにくいですが、でもやっぱり靴紐で締めるよりかは履きごこちは緩く感じます。ブーツなんで脱げることはないですが、元々大きめ履いてるって場合はちょっと注意が必要かもです。

あと、この付け方やとブーツのベロがファスナーに挟まりそうになってちょっとイライラしちゃう場合があります。ベロがボリューミーなブーツの場合は要注意です。


ほんで、ブツブツ言いながら何回も通した結果やりやすかった通し方をご紹介しまーす。通し方なんて知ってるわーって場合は飛ばしてください。

あと、正しい通し方かどうかは知りません。まぁ多分くっついてればなんでも良いと思います!!



① 一番下からいきまーす。この時、左右の長さを揃えておくと良いです。




② ほんで上へ向かっていきます。簡単ですね。



③ ジグザク。内から外へ。順番に通していきまーす。




④ できた。説明するほどでもなかったかもしれん。最後は玉結びで終わり。


ちなみに、ドクターマーチンみたいに8ホールの場合は一番上の穴が余ります。下を余らせてもどっちでも良いと思いまーす。お好みで。


適当に上から通し始めるとなんか変になって何回もやりなおすハメになってめちゃくちゃめんどくさかったです!

めんどくさくない、何回でもやるで!って方は、あらゆる通し方をチャレンジしてみてくださいー。ほんで、もっと良い通し方あったら教えてください。




で、この写真の靴紐が88cmくらいのやつなんですけどチョット長いですよね。両端10cmくらい余ってますんで、多分大体70cm前後くらいで良いと思います。短いとまたコレ「キーっ!」となりそうですので要注意です。


ブーツの種類によって多少変わりそうですが、長すぎても邪魔やし、75cmくらいかな?と思ってます。

ぴっちり丁度が良い!って場合は、なんか代わりの紐かなんかで測ってみられることをオススメしますー。




ちなみにコレがレッドウィング


コレはエゾシカの革で作りました。(こちら

柔らかくてしなやかな質感です。シワや傷など野生のエゾシカならではの風合いがあります。


7ホールなんで丁度です。レッドウィングのベロはややボリューミーですので、サイズ感によってはファスナーが挟まるかもしれないので要注意です。無理やり締めるとファスナー破損の原因になりますので、できるだけ優しくして頂けるようお願いいたします。



締めるときは、ここらへんを持ってファスナーを上に引っ張ってください。




これはリーフカモ柄のレザーです。ブラウンのブーツにめちゃくちゃ合うと思います!


リーフカモのブーツに付けるやつ!こちら



キルトタンを羽根の上に付けちゃう付け方。


フェスナーがガツンと前に出てきてインパクトありありです。

この付け方やと、さっきのドクターマーチンにやってた付け方よりもサイズ感はさらに緩く感じます。けど、ベロが挟まる事件にはなりにくいので安心です。


ちなみにこっちの通し方はわたし的に、めっちゃめんどくさい!

ぐるぐるーぐるぐるー。途中でどこに通してるんか分からんくて何回も迷子になりました。けど多分世の大人たちはそんな事ないですよね!きっと、一回ですんなり通せると思います!!


わたしとおんなじで迷子になりそうな方は、一応通し方ご紹介しますので、参考にして頂けると嬉しいです。迷子仲間ですよね。




①これもやっぱり下からいきます!左右の長さを揃えておいてくださいー。




②で、コレを上にのせて一番下の穴に下から通します。


このね、ファスナーの引き手が何回も邪魔してくるんですけど怒らんといてください。許してあげてください。




③ ブーツの下から二番目の穴に通して、ぐるりと出てきます。




④ 反対側で同じ事します。ぐるりん。



⑤ ④の続きです。ぐるりん。


あとは繰り返すだけです。 やのになんで迷子になるんやろ?って感じですね。



⑥ ほぼできました。




イェーイ。完成です。最後は玉結びです。


この場合の靴紐は、大体95cmくらいでした。グルングルンやるんで結構長さ必要ですね。






どちらの付け方が良かったですか?


そうなんです!どっちも良いんです!!笑


サイズ感がややゆるくなるんは難点ですが『ラク&クール』になれちゃう「ブーツに付けるやつ」

今回は6種類できましたので、また見て頂けると嬉しいです!!





WEB STORE



最後まで読んでいただきありがとうございました。


BUHI WEB STORE

SHOELACE & ORIGINAL SHOES

USED REPAIR & CUSTOM SHOES


〒700-0026 岡山市北区奉還町二丁目11−10ファミール湯川1階

TEL /FAX: 086-289-6735 E-mail : buhi_shoes@yahoo.co.jp

CUSTOM SHOES PLANNING BUHI