RIPKEN8 2632 のソール

こんにちは。 本日もご覧いただきありがとうございます。 本日は、リプケンのソールについて書いてみようと思いますー。 今回は、レザーダブルソールで仕上げておりますので 馴染むまでには少し時間がかかります。 ブヒ本人がちょうど一週間くらい履いているのですが、(毎日約8時間位履いてます。) やっとちょっと馴染んできた感じです。 履けば履くほど繊維がほぐれて良い感じに馴染んでくれるのもレザーソールの醍醐味だと思います。 ”レザーソールは滑るねんなぁー” って方も多いのですが、かかとをゴム素材にしているので、ちょっとはマシかなーとゆう具合です。レザーソールに慣れている方は、全然平気やでーって感じかと思いますが、レザーソール初めてやねん。って方にも、ぜひ履いてみて頂けると嬉しいです。 つま先には初めからスチールを付けてますので、もうこのまま履いて頂けます。 鎚起加工を施したブツブツのソールも今回のこだわりの一つ。 しばらく履いた後のソールはこんな感じです。↓ それから、今回は履き口にビーディングと言って二つ折りにした革を挟み込む技法を使用しています。イギリスのビスポークなどで使われる技法で、履き口の強度を出す為のやり方です。 更に、かかとの芯材を通常よりも長めにとってホールド感を出しています。 履いてみるとかかとが抜けにくく、歩いてもカパカパしにくい構造になっています。 その為、履き初めは少し硬く感じるかもしれません。 硬いの苦手、柔らかいのが好きって方が結構多いのですが、 馴染んでくれば最高の相棒になること間違いなしです。 と、こんな感じのリプケンです。 アイアンマンのようにタフな革靴が

RIPKEN8 2632 の製作過程

こんにちは。 本日もご覧いただきありがとうございます。 本日は、リプケンの製作過程について書いてみようと思いますー。 今回は、ハンドソーン9分で仕上げております。 吊り込みとすくい縫いは手で行なって、アウトステッチは機械縫いです。 中底を加工して。 すくい縫いして。 こんな感じになります。 ここから、シャンク入れたりコルク詰めたりして、やっとミッドソールが付きます。 で、アウトソールつけて、アウトステッチして。 ソールを鎚起加工。ブツブツに。 ヒールつけますー。 飾り釘をガンガン打ちます。躍動感!! 最後に目付け。『これがしんどい。』by.BUHI 肘が使い物にならなくなります。 地味な作業ほどしんどいんですよねー。(人ごと;笑) でもこのギザギザがあると、グッと引き締まる感じがします。完成が近いな!って感じです。 こんな感じの繰り返しで靴は作られていきます。 RIPKEN8 2632!! WEB STORE どうぞ宜しくお願いします!! 本日もご覧頂きありがとうございました!! 年末年始の営業 2019/12/30(mon) ~ 2020/01/03(fri) お正月休みとさせて頂きます。 新年もどうぞよろしくお願いいたします。 シューレースの切り売りはこちら→WEB STORE BUHI Repair & Custom shoes >>>ご購入はこちら 〒700-0026 岡山市北区奉還町二丁目11−10ファミール湯川1階 TEL /FAX: 086-289-6735 E-mail : buhi_shoes@yahoo.co.jp CUSTOM SHOES PLANN

RIPKEN8 2632 の木型

こんにちは。 本日もご覧いただきありがとうございます。 本日は、リプケンの木型について書いてみようと思いますー。 今回使用した木型は、『ブヒラスト』 ブヒオリジナルのラストですー。 プレーントゥなどのシンプルなデザインに合わせやすい様に設計しました。 つま先はボリューミーに、横幅もかなりゆったりめです。 履いた感じの特徴としては、モディファイ風に土踏まず部分がしっかりホールドされるタイプになっております。 ブヒが履くとこんな感じです。 普段27.5cmを履いていますが、ちょーどジャストです。 足指は全然当たらずに靴の中で動かせるくらい。でも、甲や土踏まずがしっかりホールドされているので、ゴソゴソと緩い感じはありません。 普段27cmの方でも問題ないと思います。 私が履くとこんな感じです。 普段25cmを履いています。 ややゆとりがありますが、履き口がホールドされているのでカパカパしたりはほとんどありません。 私は甲が高くて締め付けられるのが苦手なのですが、これは大丈夫そうです。 防寒用の超分厚い靴下でも履けるので、25.5cm寄りの方でもイケると思います。 サイズや履いた感じは個人差がありますので気になる部分などありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください!! お答えできる範囲でなんやかんやお答えしたいと思います。 RIPKEN8 2632!! WEB STORE どうぞ宜しくお願いします!! 本日もご覧頂きありがとうございました!! 年末年始の営業 2019/12/30(mon) ~ 2020/01/03(fri) お正月休みとさせて頂きます。 新年もどうぞよろしくお願いい

RIPKEN8 2632 が、できるまで

こんにちは。 本日もご覧いただきありがとうございます。 本日は、リプケンができるまでを書いてみようと思いますー。 まず!今回のアッパーに使用した『ゴートスキン』!! 今まで黒はなんか気乗りしーひんなぁと思っていたんですが、このゴートスキンを見た瞬間!”この黒めっちゃいいーやん!”って、なりました。 ”これで最強のサービスシューズ作ろうぜ!(←言い方;笑)”と、二人で盛り上がりました。 ちなみに、ここで言う最強は”タフ”の意味です。 仕事柄とにかく汚れる。傷やスレは毎日増える。知らん間にめっちゃ傷だらけなブヒの足元にも耐えうるタフな靴を作ろう!と、思ったからです。 簡単に言うと、自分が欲しかったってやつです。笑 で、まぁこんな感じで早速履いてます。 また、しばらく履いてみた感じも載せていこうと思います! RIPKEN8 2632!! WEB STORE どうぞ宜しくお願いします!! 本日もご覧頂きありがとうございました!! シューレースの切り売りはこちら→WEB STORE BUHI Repair & Custom shoes >>>ご購入はこちら 〒700-0026 岡山市北区奉還町二丁目11−10ファミール湯川1階 TEL /FAX: 086-289-6735 E-mail : buhi_shoes@yahoo.co.jp CUSTOM SHOES PLANNING BUHI

RIPKEN8 2632 START!!

こんにちは。 本日もご覧いただきありがとうございます。 RIPKEN8 2632 販売開始ですー! 2019/12/23 (MON) PM22:00 販売開始です。 どうぞよろしくお願いいたします。 今年最後のお靴はこちら『リプケン!!』 ブヒのサービスシューズラインです。 やっとベーシックなやつ作りましたー。 今回のレザーは、国産のゴートスキン!! 独特のギラつきと味のある風合いがあります。 そしてこの革、摩擦や傷に強い!ストロングです!! ちょっとくらいなら引っ掻いても気にならないので、お手入れズボラでも平気。 人混みや自転車乗っても、ハラハラせずにお出かけできます。 まさに、ワイルドなあなたにピッタリなリプケンでーす!! 金具は、お気に入りのサビ加工のやつです。 靴紐も、お気に入りの極上の艶のやつです。 大きめのハトメでこの靴紐を通したかったので、4ホールにこだわりました! そして、ヒール部分。 今回は、ツヤツヤ仕上げにはせず、マットな仕上げに。 このセピア色な風合いはブヒ調合の特殊な染液で染めております。化学反応で染めているので、染料のような色落ちはありません。 この特殊な染液のおかげで理想の雰囲気が出せました!! ソール部分も、同じ染液で仕上げています。 スチールもサビ加工に。 ボコボコとした鎚起加工を施して、金属のような風合いを目指しました。 (名前の通りアイアンマンです。) 後ろ姿は、なんとシームレス。 ライニングもアッパーも継ぎ目なしのデザインになっております。 シームレスだと吊り込みの難易度が上がるのですが、やはり美しい仕上がりになるので、このデザインにこだわ

ミリタリーやビンテージの雰囲気を取り入れたハンドソーンウェルトによるオリジナルシューズ、

ノルベジェーゼ製法でのカスタムシューズなどを製作、加工、販売しています。

〒700−0026

岡山市北区奉還町2丁目11−10ファミール湯川1F   

TEL/086−289−6735   

buhi_shoes@yahoo.co.jp 

 

OPEN AM11:00   CLOSED PM19:00

HOLIDAY : ​TUESDAY

※当店に駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • Pinterest - White Circle

© http://buhi-shoes.com/ 2016 All Rights Reserved.